« IEが壊れたせいだった。 | Main | ラーメン横綱/嫌煙者無視の店づくりとは »

JR福知山線事故を読む3つのキーワード

痛ましい事故がまた起きてしまった。JR福知山線の脱線事故だ。死者は日に日に増えている・・・。(nikkansports.com:脱線事故、死者78人を確認

事故がおきてからニュースを見ていてこの事故を読む3つのキーワードを選んでみた。

1.JR西日本の体質

ASPニュースではこんな記事をのせている。ASP研究所:ASPニュース№70より。
JR西日本の運転士が今年1月と5月にATS(列車自動停止装置)を勝手に解除し、信号を無視していたことが19日までに分かりました。ATSを解除することはJRの社内規定で禁止されていて、近畿運輸局はJR西日本を厳重注意しました。(中略)今回の2人のような運転士がたまたまいたとは考えにくく、JR西日本のマネージメントのどこかに欠陥があるのではないでしょうか。

このほかにもこのニュースでは安全・危機管理のまずい点が露見した事故についてまとめています。信楽事故のあと、改善されているはずなのに、事故が起きる。そんなにも簡単に事故が起きるものなのか。

2.ATSが古い型
ATSについては、Wikipediaの説明が詳しい(ATS)。 今回の線路では、旧式ATSを使用 速度制限の機能なしだったのだ。スピードを抑制する機能が働けば被害を少しでも少なくすることができたかもしれないはずだ。
3.ゲーム脳

ZAKZAK:運転士、異常行動“ゲーム脳”の特徴 より。

高見運転士はこのほか、運転士歴わずか11カ月で3度の処分を受けていたことも判明。「ゲーム脳」とも思える異常行動を繰り返す運転手を乗務させた運行管理に問題があったとして、県警捜査本部は同日、業務上過失致死傷容疑で強制捜査に着手した。(中略) 【ゲーム脳】 テレビゲームに熱中すると、人間の脳波にはβ波が出ない場合がある。この状態になると思考活動が衰え、無気力、感情の爆発など、いわゆる「キレる」状態になるという。また、携帯電話を頻繁に利用する人も「ゲーム脳」になると指摘されている。

私は当然電車の運転をしたことがないわけだが、電車でGOというゲームでなら気分を味わったことがある。そこで感じたのは電車の運転はすごく難しいってことだった。でも、人の命を預かる身として、安全に運転しようと思わないのか?ということがすごく不思議に思えてくる。電車でGOでも時間内に駅に着かなきゃならないが、ゲームとは違う点、つまり本当の人の命を預かっているのだから、”安全第一”を考え、少し手前に止まってしまったあと、少し進むという止まり方だってあるはずなのに・・・・。そしてそういった運転手を乗務させていることも問題なのだ。

電車の事故として多くの人を失ったこの事故。犠牲者の冥福をお祈りいたします。

|

« IEが壊れたせいだった。 | Main | ラーメン横綱/嫌煙者無視の店づくりとは »

Comments

> 少し手前に止まってしまったあと、少し進むという止まり方
はっきり申し上げて、これは安全とは思いません。

それはさておき、驚きました。レースじゃあるまいし、経験したこと
のない速度でつっこむ考えが理解できない。

もっとも、私は運転士よりも、相互乗り入れで通常よりもダイアの
遅れ等には厳しい(始末書)っていう体質の方が問題だと思いますけどね。
厳しくすればいいってもんじゃないでしょ。

逆に言うと、我々一般人が、電車がちょっとでも遅れたら文句を言う
なんていう風潮がそうさせているんでしょう。となると、我々にも責任は
あると思いますよ。

Posted by: Yuta | 2005.04.27 at 23:22

★Yuta様

コメントありがとうございます。

>> 少し手前に止まってしまったあと、少し進むという止まり方
>はっきり申し上げて、これは安全とは思いません。

直接、安全かどうかと言えば、一番いいのはうまく停止線に近づいて止まることでしょう。比較しているのは、40mオーバランしたことに対してです。バックして、再出発するよりは安全方向なのだと思うのですが・・・。
つまり・・・
>通常よりもダイアの
遅れ等には厳しい(始末書)っていう体質の方が問題だ

という会社の中での運転ですので、自然と時間に間に合わせる方向へ心理的に働く。それならば、手前で止まってから少し進むほうが遅れる時間が少なくなり、その結果として40mオーバーランしてからバックして再出発するよりは安全なのではないかと思った次第です。

>逆に言うと、我々一般人が、電車がちょっとでも遅れたら文句を言うなんていう風潮がそうさせているんでしょう。となると、我々にも責任はあると思いますよ。

その視点、忘れていました。確かに一理ある。会社には早めに出勤することをみんな心がけて、多少遅れても文句を言わないようにしなければいけませんね。
(昨日、私が利用していた名鉄の電車が10分ほど遅れました。でも、いつも定刻の30分前に出社しているので特にあせりませんでしたよ)

Posted by: Kozu | 2005.04.28 at 00:01

> 手前で止まってから少し進むほうが遅れる時間が少なくなり
電車の運転ってそんな簡単じゃないと思いますよ。
駅を発車するごとに、乗客数は変わるわけですからね。
本物の運転士の方のお話を聞くと見方が変わると思います。

> いつも定刻の30分前に出社しているので特にあせりませんでしたよ
私は以前はそれぐらいに行ってましたが、今は10分前ぐらいですかね。
もっとも、5分や10分たまに遅れたぐらいでは何も言われませんから。
職場にもよりますけどね。

Posted by: Yuta | 2005.04.28 at 20:46

★Yuta様

コメントまたまたありがとうございます。

>電車の運転ってそんな簡単じゃないと思いますよ。

そう、記事にも「電車でGOというゲームでなら気分を味わったことがある。そこで感じたのは電車の運転はすごく難しいってことだった。」って書きましたしね。ゲームでも難しいのだから、乗客数による違いはやはり実習を積み重ねた技能によるところでしょうね。

>もっとも、5分や10分たまに遅れたぐらいでは何も言われませんから。職場にもよりますけどね。

そうですね。フレックスですと言えばいいしね。


Posted by: Kozu | 2005.04.28 at 21:39

失礼します。

はじめまして。
Sizuと申します。

私は現在別の場所に住んでいるのですが、
以前住んでいた家の近くに走っていた路線は
 JR福知山線 でした。

大阪に出るときは事故現場を通るわけです。

今思うと「あの場所で…」という感じはします。

ちなみに、都心部は現に本数多いですね。
多くて怖いくらいです。

大阪の市営地下鉄は5分おきくらいにダイヤが組まれてたりします。

結局のところ 便利 な方がそりゃいいけれど、それに比例して 危険 が増していくような気がします。

今後、人の命を預かる方々に 便利よりも 安全を重視して活動して言ってほしいものです。
そして、安全こそがその企業にとって一番の信頼になるのではないかと思います。

Posted by: Sizu | 2005.04.30 at 04:49

★Sizu様

 コメントありがとうございます。

事故のあったところを想像できる方は、そうでない方よりも、より怖さを感じるかもしれませんね。

>今後、人の命を預かる方々に 便利よりも 安全を重視して活動して言ってほしいものです。

本当にそう思います。少しぐらい遅れてもいいと思うようになってきました。命がなくなったり大怪我するよりは、絶対良いはずですからね。

>そして、安全こそがその企業にとって一番の信頼になるのではないかと思います。

どこかからどこかへ行くときにその路線しか選びようがない場合は、どうしてもその路線に乗る。つまりそこで信頼せざるを得ないわけですよねぇ。だからこそ、鉄道会社はしっかりしてほしい。他の路線を選べないのだから。
安全第一ということを常に忘れないで欲しいですね。

Posted by: Kozu | 2005.05.01 at 00:31

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7231/3874458

Listed below are links to weblogs that reference JR福知山線事故を読む3つのキーワード:

» 電車の運転は法律でどのように守られているか [ネタ雑技団]
JR福知山線事故のニュースを見て思った。どんな運転手でもいいのか、どういったことをすべきだということが法律で決まっているのではないかと・・・。それで少し調べてみたところ、鉄道営業法第一条と軌道法第十四条に基づきある法律が制定されている。その名は、「運転の安全の確保に... [Read More]

Tracked on 2005.04.27 at 23:48

« IEが壊れたせいだった。 | Main | ラーメン横綱/嫌煙者無視の店づくりとは »