« March 2005 | Main | May 2005 »

JR福知山線事故を読む3つのキーワード

痛ましい事故がまた起きてしまった。JR福知山線の脱線事故だ。死者は日に日に増えている・・・。(nikkansports.com:脱線事故、死者78人を確認

事故がおきてからニュースを見ていてこの事故を読む3つのキーワードを選んでみた。

1.JR西日本の体質

ASPニュースではこんな記事をのせている。ASP研究所:ASPニュース№70より。
JR西日本の運転士が今年1月と5月にATS(列車自動停止装置)を勝手に解除し、信号を無視していたことが19日までに分かりました。ATSを解除することはJRの社内規定で禁止されていて、近畿運輸局はJR西日本を厳重注意しました。(中略)今回の2人のような運転士がたまたまいたとは考えにくく、JR西日本のマネージメントのどこかに欠陥があるのではないでしょうか。

このほかにもこのニュースでは安全・危機管理のまずい点が露見した事故についてまとめています。信楽事故のあと、改善されているはずなのに、事故が起きる。そんなにも簡単に事故が起きるものなのか。

2.ATSが古い型
ATSについては、Wikipediaの説明が詳しい(ATS)。 今回の線路では、旧式ATSを使用 速度制限の機能なしだったのだ。スピードを抑制する機能が働けば被害を少しでも少なくすることができたかもしれないはずだ。
3.ゲーム脳

ZAKZAK:運転士、異常行動“ゲーム脳”の特徴 より。

高見運転士はこのほか、運転士歴わずか11カ月で3度の処分を受けていたことも判明。「ゲーム脳」とも思える異常行動を繰り返す運転手を乗務させた運行管理に問題があったとして、県警捜査本部は同日、業務上過失致死傷容疑で強制捜査に着手した。(中略) 【ゲーム脳】 テレビゲームに熱中すると、人間の脳波にはβ波が出ない場合がある。この状態になると思考活動が衰え、無気力、感情の爆発など、いわゆる「キレる」状態になるという。また、携帯電話を頻繁に利用する人も「ゲーム脳」になると指摘されている。

私は当然電車の運転をしたことがないわけだが、電車でGOというゲームでなら気分を味わったことがある。そこで感じたのは電車の運転はすごく難しいってことだった。でも、人の命を預かる身として、安全に運転しようと思わないのか?ということがすごく不思議に思えてくる。電車でGOでも時間内に駅に着かなきゃならないが、ゲームとは違う点、つまり本当の人の命を預かっているのだから、”安全第一”を考え、少し手前に止まってしまったあと、少し進むという止まり方だってあるはずなのに・・・・。そしてそういった運転手を乗務させていることも問題なのだ。

電車の事故として多くの人を失ったこの事故。犠牲者の冥福をお祈りいたします。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

IEが壊れたせいだった。

niftyインフォメーションセンターに電話してADSLへ切替完了
しました。で、なぜオンラインで料金コースが変更できな
かったのかというと、どうも自分のPCのIEが壊れたようなので
す。

それでFirefoxというブラウザにしたらすべて見られるように
なりました。

これで通常通りココログの更新などもできますし、
このHPも継続です!!

ご心配おかけしました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Bフレッツ解約によるゴタゴタとお知らせ

モニターキャンペーンをやっていたBフレッツに切り替えて使っていましたが、先日Bフレッツを廃止しました。
ところが、自動的にniftyの方もすでに切替されました。
(工事が終わるまでは使えるだろうからそのときに、
 コース変更してADSLに戻そうと思ったらできない。)

現在、ココログのI seeも更新できない状況です。

いつniftyのメールも見られなくなるか心配・・・。

電話でniftyに電話してADSLへ切り替える連絡を早くしようと
思っていますが、もしかするとしばらくしたら
このホームページも見られなくなる可能性があります。
(このあとの対応次第では
 プロバイダを変更するかもしれない。)

そうしたら、必ず復活してみなさんに所在をお知らせしますので・・・・。ご心配おかけします。

| | Comments (44) | TrackBack (0)

日常茶飯事な「脆弱性」

ネット関連のニュースで今や当たり前の言葉となった「脆弱性」。あまりにもその言葉を使うニュースが多いので慣れっこになりつつある自分が怖い。

慣れっこになってしまったのはなぜかということで、試しにGoogleでサイト検索した結果の数を並べてみましょう。

Google検索:コンクラーベ:73,900件

Google検索:食パン:457,000件

Google検索:脆弱性:1,090,000件

Google検索:味噌汁:1,510,000件

Google検索:幼稚園:2,520,000件

ネットで流れている情報量から行くと
コンクラーベ<食パン<脆弱性<味噌汁<幼稚園
という関係が成り立つ。

コンクラーベより多いのはわかるが、食パンよりも多いとは・・・・
慣れっこになってしまうような気がしました。

| | Comments (168) | TrackBack (0)

まだまだある感動フラッシュ

以前、[ジーンと来た・・・感動するフラッシュ]で紹介したことのあるフラッシュのほかにも、いろいろと感動を覚えるフラッシュがありました。
pya!様のところで、脚光を浴びた殿堂入りのフラッシュたちをご紹介。

「ありがとう」って言いそびれたヤツいる? (情報:京赫様)
は前に紹介したものと同じでここにもありました。母親にありがとうと言いたくなります。

WALKING TOUR (情報:coba様)では、人生というものを少し考えさせられました。それが難しい言い方じゃなくて、子供でもわかるような形で見せてくれるんです。

それでも生きていこう (情報:some様)は、イジメを受けていた彼のつらさと前向きに生きようと思うに至った過程を垣間見ることができます。

おにいちゃんありがとう (情報:蛸ュ様)は、妹を持つKozuとしては、その悲しさが痛いほどわかるそんな話でした。

知らない人は、ご紹介したフラッシュを一度見てみてくださいね。時間の無駄になったとは思わないはずですから。


[H17.5.21追加]Disappointed Love(情報:HY_LOVE様)は、先立たれた愛しい人を、今でも思うそんな気持ちを綴っています。

| | Comments (155) | TrackBack (0)

命の炎を灯しつづけよう

「nikkansports.com:中3女子が学校内で自殺」より。

13日午後2時45分ごろ、山口県下関市の市立川中中学校の校舎内で、3年生の女子生徒(15)が首をつっているのを捜していた生徒が見つけた。女子生徒は病院に運ばれたが間もなく死亡した。下関署は自殺とみて詳しい経緯を調べている。同校の説明によると、女子生徒はこの日午後、放課後の吹奏楽部の練習に遅れ、別の女子生徒にとがめられた後、急にいなくなった。

「ZAKZAK:答案受取り直後に飛び降り自殺…福井の高3男子」より。

福井県大野市の県立大野高校で12日午後3時ごろ、3年の男子生徒(17)が試験の答案を受け取った後、校舎3階(高さ約9メートル)から飛び降り自殺をしていたことが13日、分かった。

「asahi.com:長崎県教委、「生と死学ぶ」道徳教材集を作成」

長崎市の園児誘拐殺人事件や佐世保市の小6同級生殺害事件など長崎県内で相次いだ少年事件を受けて、同県教委は12日、小・中学生が生と死について学ぶ道徳教材集を作った、と発表した。(中略)「どんな小さな命でも大切にして、みんなを愛し、みんなから愛される人間になるよう努力しようと思う。そんな人間になることが、最後の最後まで私たち家族、そして島原の人を愛し、かけがえのない命を捧げた父へ何よりの贈り物になるのだと信じている」

自殺のニュースが同じ日に2件も流れていて、悲しい気持ちになりました。長崎の道徳教材、いい取り組みだと思います。若いうちは、いろんな経験がまだできていないから、「何とかなる」という気持ちを持つ余裕がないのだと思う。だから、自ら命を絶つ。

自殺することにしてしまった彼・彼女は命の尊さを理解していたのだろうか。それまでの家庭での教育、学校での教育、環境に何か問題はなかったのだろうか・・・・・。

長崎県教委の取り組みは、かなり高度な知識までも貪欲に吸収する現代の小学生・中学生にとって、いいアプローチだと思う。(将来を担う人材を消さないためにも・・・・)。

自殺を考えている人へ・・・・。
あなたは、明治安田生命の「あなたに会えて」シリーズの「たったひとつのたからもの」のCMに登場する秋雪くんドラマ「電池が切れるまで」の原作の詩を書いた由貴奈ちゃんにどうして自ら命を絶つのか説明できますか・・・・・?
どうか、命の炎を灯し続けてください。

| | Comments (187) | TrackBack (0)

原発事故の甚大さをあらわす数字

「asahi.com:ロシアのチェルノブイリ被曝者、145万人に」より。

ロシアのズラボフ保健社会発展相は11日、86年にウクライナのチェルノブイリ原発で起きた放射能漏れ事故で健康を害した被曝(ひばく)者が、ロシアで145万人に上ることを明らかにした。

 インタファクス通信などによると、被曝者のうち、ロシア国内の放射能汚染地域に住む人が102万8000人、放射能の除去作業に直接当たった人が8万8000人を占めている。

ひとたび事故を起こせば大惨事になることを見せ付けられた気がした。そして注目すべきは「8万8000人」のほう。
事故が起こり放射能漏れがあれば必ず除去なり隔離するなりの作業をする人が必要。あれから時間も経っている事や日本の技術は進んでいる(と思っている)からこんなにも被曝するひとはないだろうが、注意しなければ多くの人たちが被曝する危険性を有していることには変わりない。

エネルギーの世界では、原子力なしでは成り立たないが、人に対して負のエネルギーとして作用することだけは、人の英知で避けなければ・・・・。

.

| | Comments (160) | TrackBack (0)

なぜ猫を殺す?/「地域猫」虐待

「地域猫」の虐待相次ぐ…反発する住民と溝:ZAKZAKより。

野良猫に不妊手術などをした上で、住民がえさやふんの始末などをする“地域猫”運動が盛んなさいたま市で、猫の虐待が相次いでいる。(中略)ムサシが殺された周辺では、住民数人から「えさをやるから増える」と苦情が絶えなかった。近くに住む男性は「ふんが汚いし、発情期はうるさい」とまゆをひそめる。 同会によると、さいたま市内ではほかにも1匹が毒殺され、アイスピックで足を貫かれたり、ゴルフクラブで頭を割られるなどの被害も相次いでいるという。

不妊手術をしていれば増えないのを理解しない人がいるらしい。猫を飼っている人にとって去勢は当たり前にやることであり、この地域猫もちゃんと手術してあるのだから、増えるなんてことにはならないはず。

猫の発情期の泣き声は気になる人には気になるかもしれない。(赤ちゃんが泣いているようにも聞こえる。)しかし、気になるから、臭いからという理由で殺したりアイスピックで足を貫いて良いのでしょうか?
その論理が通用するのなら犠牲は猫だけじゃありませんね。
その論理が通用するのなら犬がうるさかったら、(その犬がおとなしければ)殺すのかもしれませんね。
その論理が通用するのなら、泣くことが仕事の「赤ちゃん」を殺すのかもしれませんね。

殺すよりも、アイスピックで足を貫くよりも先にすべきことがあると思います。
もし我慢できないのなら、まずはその世話をしている人に訴えるほうが先でしょ?
それを弱者である猫にだけぶつけて正面からぶつかることを避けている。
 無差別に攻撃して自分の意見を通そうとする人たちはみんな

テロリスト
です。対話なくして解決はしないと思いますよ。

心を痛めたみなさん、LavandeさんのBlog「Lavandism」に、神楽坂の地域猫たちを『猫にピアス<神楽坂の猫事情>』という記事で紹介してますよ。この記事の猫だけじゃなくていろんな猫ちゃん登場してます。(笑)

| | Comments (129) | TrackBack (2)

恒例「窓の社」更新

4月1日と言えば、窓の社。今年も無事更新されています。

なかなか、笑わせる記事と言うのは難しいもの。
今年はあまりおもしろくなかった。
読んだ中では、
「信濃前司行長、「平家物語」で一ノ谷の平家本陣に脆弱性が存在することを公表」の記事かな。

でも、まだ去年の、Yahoo!ばぶばぶのほうが面白かった印象。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »