« なぜニュースにならない? & 近況報告 | Main | エスカレーターを歩く人は・・・ »

流星群を見て報告しようという試み/国立天文台

スラッシュドット ジャパン | 国立天文台の「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンより。

今月13~14日にかけて極大日をむかえる事から,13日夜の20~22時の間に星空を観察して流星の個数を数え,ウェブから報告してもらおうという試みも行なわれます。

国立天文台での「ふたご座流星群を眺めよう」によると

ふたご座流星群は、毎年12月13日ごろを中心に活動している流星群です。今年は13日から14日にかけての夜に最も多くの流星が出現すると予想されています。(中略)十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に50個を越える流星を見ることができます。

とのことですから、風邪をひいてない人はぜひ、そして風邪をひいている人は治して、13日を待ちましょう。


あ、どのあたりを見るといいかというと

できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向けるようにしましょう。
とのことですが、一応12月中旬でのふたご座は東の空の方向にあると書いてありました。

見て報告する人はさっきの「ふたご座流星群を眺めよう」のページからリンクされるページへどうぞ。

私は願い事、いっぱい用意しておきます。(その前に風邪を治さねば。)

|

« なぜニュースにならない? & 近況報告 | Main | エスカレーターを歩く人は・・・ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7231/2201747

Listed below are links to weblogs that reference 流星群を見て報告しようという試み/国立天文台:

« なぜニュースにならない? & 近況報告 | Main | エスカレーターを歩く人は・・・ »