« November 2004 | Main | January 2005 »

エスカレーターを歩く人は・・・

MSN-Mainichi INTERACTIVE エスカレーター:歩行は是か非か論議呼ぶ 名古屋は禁止より。

駅のエスカレーターで歩く行為が危険として、名古屋市営地下鉄は今夏から歩行を禁止した。これに対して、市議会で「右側1列を空けるのが慣例なのになぜ突然歩行禁止なのか」と疑問を投げかけれる質問がでるなど、話題を呼んでいる。(中略)しかし、質問した○○○○市議(自民)は、「耳に届く声の8割は、右空け通行がなぜいけないのか」と市の姿勢を問いただしている。

エスカレーターのことは、エスカレーターの専門家に聞いてみようということで、

社団法人日本エレベータ協会:なんでもわかるエレベーター・エスカレーター資料館「ホームルーム」の最後にはこのように書かれています。

●「エスカレーターに乗るとき、いそいでいる人のために、どちらかあける」って聞いた事あるけど…」

○「そうね、でもそれは間違いよ!」

●「えっ…」

○「いそいでいる人とお年寄りがぶつかってケガをする事もあるそうよ。」

事実、先ほどのMSN-Mainichi INTERACTIVE エスカレーター:歩行は是か非か論議呼ぶ 名古屋は禁止という記事の中でも、

エスカレーターに限らないが、1日に70万人が乗り降りする東京駅では、人とぶつかって転倒した負傷者が週に5、6人は構内の旅行者救急援護センターに担ぎ込まれるという。

とある。

8割の人が唱える意見であれば良いという論理がすでにおかしい。それが民主主義という名のもとで、
正論となるのなら非常に危ない。何が正しいことなのかをよく考えて質問を
すべきだと思う。井戸端会議をする場所ではない「市議会」なのだから。

そしてエスカレーターを歩く人は、出発する時間を5分早めてください。それで、一人のけが人が減るのかもしれないのだから。


| | Comments (4) | TrackBack (1)

流星群を見て報告しようという試み/国立天文台

スラッシュドット ジャパン | 国立天文台の「ふたご座流星群を眺めよう」キャンペーンより。

今月13~14日にかけて極大日をむかえる事から,13日夜の20~22時の間に星空を観察して流星の個数を数え,ウェブから報告してもらおうという試みも行なわれます。

国立天文台での「ふたご座流星群を眺めよう」によると

ふたご座流星群は、毎年12月13日ごろを中心に活動している流星群です。今年は13日から14日にかけての夜に最も多くの流星が出現すると予想されています。(中略)十分に暗い夜空で晴天に恵まれれば、1時間に50個を越える流星を見ることができます。

とのことですから、風邪をひいてない人はぜひ、そして風邪をひいている人は治して、13日を待ちましょう。


あ、どのあたりを見るといいかというと

できるだけ空が広く見渡せる場所を選んで、空の広い範囲に注意を向けるようにしましょう。
とのことですが、一応12月中旬でのふたご座は東の空の方向にあると書いてありました。

見て報告する人はさっきの「ふたご座流星群を眺めよう」のページからリンクされるページへどうぞ。

私は願い事、いっぱい用意しておきます。(その前に風邪を治さねば。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜニュースにならない? & 近況報告

昨日の午前4時20分ごろ、大きな爆発音が2~3回して、
家が揺れました。女房にお願いしてご近所に聞いてもらった
ところ、同じことを言っていた人が3人いたので、
そういったことがあったのは間違いないのですが・・・。
ニュースを見てもどこにも出てない。何かあったはずなの
ですが・・・なぜニュースにならないのでしょう・・・。

★Kozuの近況報告
この前、悪寒がして会社をフレックス退社したら、
久しぶりに高熱の39.5℃。病院に行ったところ、インフル
エンザ検査では反応がなくただの風邪らしい。今夜やっと久し
ぶりにパソコンできるまでに復活しました。ほぼ4.5日ぶり。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »