« July 2004 | Main | September 2004 »

回転扉のその後~死ぬ前に考えよう

以前、回転扉と包丁で取り上げた回転扉の事故の件。その後のニュースを調べました。

Yahoo!社会ニュース:自動回転扉47台を撤去へ 森ビル、六本木ヒルズで(2004.07.03)より。

 東京・六本木ヒルズで今年3月、大阪府吹田市の溝川涼ちゃん(6つ)が自動回転扉に挟まれ死亡した事故に絡み、運営する森ビル(東京都港区)は2日までに、六本木ヒルズにある回転扉47台を撤去することを正式に決めた。
 六本木ヒルズには大型自動回転扉9台と小型の回転扉40台の計49台がある。残る2台の小型回転扉についても、森ビルは「撤去の方向で検討が進んでいる」としている。

Yahoo!社会ニュース:建築物の事故対策委設置 国交省が05年度に(2004.07.27)より。

国土交通省は27日、回転扉や防火シャッター、エレベーターに人が挟まれる事故など建築物に関係した事故情報を迅速に収集する体制を整備し、再発防止策などを検討する建築物事故対策委員会(仮称)を設置する方針を固めた。委員会は、鉄道や航空事故の原因を探る事故調査委員会と同様の役割を担う。

Yahoo!大阪ニュース:自動ドアなど設備事故 報告義務化や改善勧告--全国初、府が条例を制定へ /大阪(2004.08.10)より。

府は9日、エレベーターや自動ドアなど、建物に設置されている自動設備で事故が起きた際、事故報告を義務づけ、府が事故情報を公開したり、改善を勧告できる条例を制定する方針を固めた。全国初の試みで、今年度中の制定を目指す。【粟飯原浩】

Yahoo!社会ニュース:六本木ヒルズ回転ドア事故 「コスト優先…人災」 死亡児童の父親が会見(2004.08.12)より。

安全管理姿勢批判 国に法整備求める
 東京都港区の「六本木ヒルズ」で三月、大阪府吹田市の溝川涼君=当時(六つ)=が自動回転ドアに挟まれて死亡した事故から四カ月余り。父親の光一さん(四〇)が十一日、同市内で事故後初めて記者会見し、「事故は効率やコストを優先した結果の人災」「なぜ誰かが悲惨な犠牲を払うまで動こうとしなかったのか。悔やまれてならない」などと心境を語った。「悲しくて、苦しくて、毎日泣いているんだよ」。母親(三八)は涼君にあてた手紙を公表した。
(中略)手記の中で光一さんは、全国で多発する回転ドアでの重傷事故を例に挙げ、「事故情報に注意を払わず、原因究明を怠ったばかりか、事故防止のコスト負担を嫌い、安全に関する厳しい姿勢を欠いていた」と、ビルを管理する森ビルやドアの販売元の三和タジマの対応を厳しく批判。事故の実態を把握していなかった国など行政側も「メーカー任せで何の施策も実施しなかった」などと批判し、自動回転ドアに関する法整備を求めた。

なぜ、死なないと法整備しないのか・・・・。それは、普段から感じている「なぜ、死なないと信号がつかないのか」と似ているところがある。人が死ななければ動かないというのはおかしいです。
遅さに見かねた自治体は条例を作り出していますね。お子さんをなくした父親の叫びを何度も読んで何かを感じてそして動かなければいけないと思います。そう、みんな死ぬ前に考えなきゃいけないのです。

似たような話で思うこと。
軽自動車は車庫証明というものがなく、指定された地域のみ届出の義務付けがあるだけなのです。
しかし・・・・・・道路に駐車されていて、及ぼす影響と言うのは同じ。(でも、軽自動車は車庫証明というものがないから駐車してもいいんだと、誤解している人がいる。)軽自動車が駐車していても、自動車が駐車していても車はそれを避けて通行するでしょう。道路幅が広ければ、駐車車両を避けながら対向車とすれちがったりすることがあります。現に自分の住んでいる近くではそういう車両を見かけます。運転者のみなさん、そのとき、すれ違うために車両が路側帯にはみ出たとしましょう。

道路に面している家の子供が家から歩いて路側帯に出てきたら、あなたは避けられますか?

人が死ななければ改善しないというのは、いけませんね。
死ぬ前に考えよう。

人を死なせてから気づいていてはだめですよ。行政ではないのですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポイ

昨日になっちゃいましたが、新聞を見て知った言葉。今まで生きてきて、よく目にしているにも関わらず、それがどういった名前なのかなんて考えてみたこともなかった。タイトルにあるポイとは

金魚すくいに使うすくう道具

なのです。知ってましたぁ?もしかして自分だけが知らなかったのかも。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

子供たち、今夏唯一の一泊旅行~天保山~

先週の土日に、大阪ベイエリアにある天保山に
行ってきました。土曜日の午前4時20分頃
出発し、午前7時50分頃、24時間営業の
天保山駐車場に到着。海遊館が、夏休み営業で
午前9時からやっていたので、開館まで待って入館。

すごいですね。初めて行ったのですが、スケールの
大きさにびっくり。太平洋水槽が一番見とれました。
自分自身ジンベエザメを見るのは生まれて初めて。
大きいサメだとは知っていたものの実物を目の前に
するとやはり感動です。でも、自分はそれよりも
マンタに感動してしまいました。ゆったりと泳ぐ
姿は見とれてしまいます。よく、海に潜るダイバーが
このマンタに出会ってからダイビングにハマッたと
聞きますが・・・・確かにマンタに海中で出会ったら
ハマると思います。

そのあと、ちょうどどうぶつ奇想天外の10周年
記念イベントをしていたので、寄りました。
その中で、クイズを5問解くイベントがあったの
ですが、家族全員で取り組んだ結果、4問正解が
なんと”長男”。大人はというと・・・・
恥ずかしくて書けません。優秀賞としてステッカー
を長男がもらいました。(次男が欲しがることを
イベントをやっている方が配慮してくれたのか
次男もそのステッカーをもらいました。)

あとは天保山の食いしんぼ横丁かなあ。
古きよき町の再現がされていておもしろかったぁ。

泊まったホテルはホテルシーガル天保山。
すこし高かったですが、それなりのオーシャン
ビューで夜景楽しめましたよ。

翌日はお土産を買って、昼頃には出発、
午後4時ごろ帰ってきました。

忙しい土日でしたが、子供たちの思い出に
なっててくれたらいいなあと思います。
(親になって思うのですが、大きくなって
 記憶している家族との思い出の多くは、
 一緒に旅行したときのことです。
 子供に残してやれるのは、結局「思い出」
 だけなのだと思います。だからこそ、
 これからももっともっと思い出づくりを
 してやりたいと思いました。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昆虫三昧な日々

先日、大阪のATCホールでやっている「大昆虫王国」と
いう催事に息子を連れて行ってきました。午前4時30分
自宅出発で、会場へは午前8:50分到着。ATCホール
の中を散歩しながら会場へ歩き、入場口の列に並びました。

並んでいる列の目的は、早く入りたいというのではなくて、
今流行の昆虫を使ったバトルゲーム「ムシキング」の大会
の出場権獲得のためのようでした。出ようと思えば出るこ
とのできるところに並んでいたので息子に「大会に出る?」
と聞いたら、長男いわく「出る!」。みんなの前で、
ゲームすることを恥ずかしがらずに出ると言ったので、
その成長ぶりに驚かされました。

時間が来て、入場し出場権獲得後、生きた昆虫をいろいろ
見ました。面白かった。大人が見ても面白いです。

そして、ムシキングの大会。堂々と人前に行って、
ゲームをする姿に驚きました。ずいぶんと成長したもの
です。年長になって慣れてきたと言うのはあるとは思う
けど、それでも人前に出るのは恥ずかしいもの。よく
やったと思います。その「ムシキング」。見ていて、
面白かった。面白かったために、今Kozuもハマりつつ
あります。この件は、時間があったらアップしたい
と思います。

大会が終わった後は、すでに昆虫も見終わっていたの
で帰路につきました。午後3時ごろから走って、
阪神高速の渋滞に巻きこまれ、自宅に着いたのは、
午後9:00頃。疲れた一日でした。

町内会の行事や仕事で休日をつぶされることが多く、
また、夏祭りが終わるまで宿泊できる旅行も控えて
いることから、子供たちには思い出となるようなこ
とがしてやれてないという思いもあり、一日会社を
休んで、連れて行ったのでした。

最近、そのムシキングというのにハマッていて、
かなりのお金を投資しています。出資者はKozuです。
ですが、自分もハマってきたので、
いいのですが・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »