« June 2004 | Main | August 2004 »

胎児をごみあつかいするなんて

胎児を一般ごみあつかいしていた病院のニュースが流れていた。産婦にとって、それはゴミだったのだろうか・・・・・。(そう思っている人には悔い改めてほしい)命の尊さを現場で感じているはずの病院関係者は自分の子供がそういう扱いをされたことを想像してほしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

蚕よ未来へ羽ばたけ

先日、「ビートたけしの!こんなはずでは!!」というテレビを見て初めて、クモの糸が自然界で最も強い繊維であることを知った。ただ、量産できないので、なんとクモの遺伝子を蚕にのせる技術が成熟しつつあるとのこと。(テレビではそれをスパイダーズシルクと言っていた。訳せば確かにクモの絹?!)

検索エンジンで調べてみると、確かに信州大学繊維学部でそういった研究をしているらしい。(テレビでもどこかの大学の先生が話していたんだけど、どこの先生だったか忘れてしまった。)

そして、また蚕を使った新しい技術がニュースとして流れていた。
NIKKEI NET:カイコ使い光触媒生産・長野のベンチャー企業より。

ベンチャー企業のエイチ・エー・エル(長野県松本市、伊藤一郎社長)は、カイコを利用した光触媒材料の生産技術を開発した。カイコに特殊な飼料を与え、光触媒機能のある繭を作らせる。光触媒材料は有害な有機物の分解や抗菌、脱臭といった効果があり、インテリア用品の原料などとして利用できる。

養蚕業は、昔、大竹しのぶが主演した「ああ野麦峠」「もの作り 人作り 仲間作り」より)でもあったように、日本を支える重要な産業の一つだった。時代の流れで養蚕家も減っていったのだが、再び養蚕は日本を支える(と言ったら大げさだが)重要な産業になりうるかもしれない。

羽化しても羽ばたけない蚕よ。今こそ未来へ羽ばたけ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2004 | Main | August 2004 »