« バイオ光センサー/バイオ共役光受容ナノマテリアル | Main | 「いかりや長介さん死去」に見るMyClipの効果 »

給食にミミズ混入/60センチの置台の根拠?

小学校の米飯給食にミミズが混入 北海道・登別市 - asahi.com : 社会より。

北海道登別市の小学校の給食の米飯に、ミミズ1匹(体長6.5センチ)が混入していたことが19日分かった。市内の食品業者が炊いたもので、委託している北海道学校給食会が改善を指導した。
(中略)給食会は業者に対し、作業台の高さを60センチにすることや、排水溝の清掃の徹底、倉庫の整理整頓などを指導した。

おそろしい。ミミズが入ったご飯・・・・。かわいそうに、しばらくご飯たべたくなくなっちゃうんじゃないかぁ。6.5cmの体長というと太さはそう太くはないようだなあ。作業台の「高さを60センチにする」とミミズが入ってこないってところが、すごく気になる。それでよく似た文章を調べてみたら、文部科学省が平成9年4月1日制定、平成15年3月31日一部改訂した「学校給食衛生管理の基準」の一部改訂についてにてⅧ調理過程の 3.二次汚染の防止にこんなことが書いてありました。
ウ 調理場における食品及び調理用器具類は,常に床面から60cm以上の高さの置台の上に置くこと。

この60cmという数字を決めた人、大変だったろうなあ。いろんな虫を近くにおいておいて登ってこられるか確かめたんだろうか?それとも、給食の仕事をする人のやりやすさからなんだろうか・・・。

|

« バイオ光センサー/バイオ共役光受容ナノマテリアル | Main | 「いかりや長介さん死去」に見るMyClipの効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7231/326023

Listed below are links to weblogs that reference 給食にミミズ混入/60センチの置台の根拠?:

« バイオ光センサー/バイオ共役光受容ナノマテリアル | Main | 「いかりや長介さん死去」に見るMyClipの効果 »