« January 2003 | Main | March 2003 »

次男はインフルエンザでした。

高熱が出た次男を月曜日午前中、フレックスをとって病院へ連れて行ったら・・・インフルエンザでした。A型だそうです。
長男のときもそうだったんだけど、予防接種受けてるんですよぉ。それなのにぃ・・・。ま、38.9℃で止まったのが予防接種の効果なのかもしれません。今は熱が下がってますが、咳してます。

そうそう、1歳ぐらいの子供のインフルエンザ判定の仕方を月曜に初めて見ました。綿棒みたいなものを鼻からかなり奥まで(たぶん、のどまで)突っ込んで粘液を採取するんですね。あれには親も”かわいそう”って思っちゃいました。それに、ホント、痛そうでした。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

”歩く”どころじゃなかった。

 この週末、出張から帰ってきたらひとりで歩くようになっているのかなあと思っていたのですが・・・。それどころじゃなくなってしまいました。
 出張も終わりお出かけするぞと意気込んでいたのに長男、次男ともに風邪をひいてしまいました。長男は、鼻水と夜中の咳。次男は鼻水と発熱。次男の本日の発熱は38.9℃。熱いのか眠りが浅くすぐに起きてしまう。木曜日の夜(出張でKozuが家を空けていた夜)から、1時間~2時間おき、ひどいと20分おきに起きてしまい、かわいそうです。
 今夜は今のところ水枕を頭にあてて、1時間30分寝てます。このままぐっすりと寝て治ってくれればいいのですが。
 とは言っても、熱が出てても、元気なのは子供ですね。微熱ならはしゃいでるときもあります。だから歩いたりして自分でも楽しそうにしていました。完全に歩くまでにはいかなかったのですが、だいぶうまくなったようで現在の最高は8歩になっています。

 話は変わって、今OSはWinXPなんですが、昨夜初めてWinXPにバンドルされていたMedia PlayerでオリジナルCD(-R)を作ってみました。これ、便利ですね。ハマりそう。たくさんあるCDをすべてHDDに落としてみようかなあ・・・。もちろん個人的な利用ですよ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

次男、4歩あるくようになりました。

次男もだいぶ歩くのが楽しくなったみたいで、
ソファから机に向かって少しだけ伝い歩きをやめて
歩いたりしてます。
そんななかで、4歩歩けるようになりました。
もしかすると今週末には10歩歩けるようになってるかも?
今週木曜の夜から金曜にかけては出張の予定なので
出張から帰ってきたときが楽しみです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

長男が今夜は寝つかず。

1時45分頃、夜のドライブから帰ってきました。
昼寝したので、夜なかなか寝てくれず、 0:45から
夜のドライブに連れて行きました。

で、今夜はKozuの仕事場を外から見せてやりました。
「ほら、あれがお父さんの仕事をしているところだよ。
 電気ついているでしょ?」
長男は興味深々だったようでした。

そこまでしたのに帰ってきてもねてなかったのですが、
眠くはなったようで、しばらくして寝てくれました。
ふー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一部修正しました。

古いミニカーにはまった長男の一番下が見えないじゃん、との話を聞き、見てみたら確かに見られない部分がありましたので、修正しました。今回の画像の一番下のロールオーバは、ちょうどいい感じの動きをしますのでまた見てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

足の裏

って、なんだと思ったでしょう。
お風呂で洗いはするものの、じーっと見たことがここのところなかった足の裏。見てみたら・・・。

結構くたびれてました(笑)
いつの間にこんなに年齢を感じるように変化してしまったんだろうとちょっとショックでしたね。

クリームでも買おうかな?

| | Comments (7) | TrackBack (0)

やっと立った!!

次男がやっとひとり立ちしました。と、いってもほんの少しですが。本日、2003/2/3 つかまり立ちから、手を離し5秒ほど立っていることができました。それから、ほんの一歩だけだけど歩きました。家族みんな大喜び。

まだまだ、しっかりじゃないけど、もうすぐ立って、そして歩いてくれると思います。そうすると・・・・、えらいのが少し楽になるかなあと思う反面、もう、抱っこすることも少なくなるのかなあとも・・・。寂しいですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

シャトルが分解しちゃいましたね。

昨日の未明にインターネットで知ってから24時間弱。
どうやらスペースシャトルはやはり空中分解してしまった
みたいですね。

本当にかわいそうです。搭乗員の人たちは。
前回の打ち上げのときにあんまり良くない部分が
あったんだけど、それを重要視せず打ち上げに
臨んだらしい。

そういう判断する人って、大変だと思う。
少しでもリスクを考えたら打ち上げなんて
一生の間で1度もしたくないはず。だけど、
ある程度リスクを背負って判断するんだから。

しかし、人の命を奪ったのならば、その人が責任を
やはり問われるべきでしょう。
ひとつの判断で人の命が左右されてしまうなんて
思いもよらなかったでしょうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2003 | Main | March 2003 »